読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライフサーチ

主にクレジットカードやオススメのグッツ紹介をして行きます

クレジットカード審査を通す極意

今回は審査を通りやすくする方法をお伝えします。

 

 

まず一番大切にしたいことは貴方が以前に申し込んだ内容や承認された内容が残ってしまっていることです。

なので虚偽な内容や過大な内容はバレてしまいます。

ですので真実(多少はok)を書くことが大切になってきます。

申し込んでも可決されなかったり不幸の手紙が届いてしまったこともあると思います。 ですが諦めない限りカードは作ることができます。

 

cicに残る期限は5年となっていますが、実際五年待つのは大変ですし、かなり気が遠くなってしまうと思います。

私は1年で作ることができました。楽天カードを滞納して強制解約になりましたが一年後にはまた楽天カードを作り直すことができました。

もちろんその滞納してたお金は返済しないと楽天ではおそらく作れないでしょう。

 

なぜ私が楽天を解約になったのに作り直せたのかと言いますと審査をコンピュータに任せているのが大きいと思います。

申し込みをした1時間くらい以内に可決メールが来ることが楽天カードでは大半になっています。

というのもコンピュータによる自動審査により、自動的に審査を行っているのです。それにより審査の見落としが生まれ発行されたりする場合があります。

多分私はこれによりカードが発行されたのだと思います。 ただ一枚発行してもらえればあとは簡単です。その一枚を大切にそだてれば後はある程度のカードは通るようになることと思います。

 

 

私は審査に違いや部署が違ったりするのかなと勝手に考えていて試しに審査にかけたのは楽天のプレミアムカードに申し込み可決をいただきました。

なのでいつもと違う感じで試したりしてみることは大切になって来るのかなと思います。 仮に楽天の通常カードで申し込みをしてダメだったとしてもプレミアムカードの方であれば大丈夫ということはあり得るのではないでしょうか?

 

 

現在15000ポイント付きと大盤振る舞い中なので試してみてはいかがでしょうか。 やはり人と違った方法で試してみるということは大切です。同じやり方ではカード発行までの道のりは遠くなってしまうことでしょう。ぜひ貴方もカード発行されるように頑張っていきましょう! 次回は審査のゆるい特集をしていきたいと思います。